【E-4:サーマル沖/レイテ湾】サマール沖 その先へ―― 攻略編成例【18冬イベ:捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)】

18冬イベント『捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)』のE-4編成例を紹介。

今回は乙攻略です。本当はいつも通り甲で攻略したかったのですが、心が折れました。すまぬ…すまぬ…。

クリア条件:ゲージ破壊(最短7回)

通常艦隊・遊撃部隊で全員札がついていない場合、西村艦隊の札が付きます。
連合艦隊で札がついていない艦娘には栗田艦隊の札が付きます。

通常艦隊・遊撃部隊で1スタート、連合艦隊で2スタート。

NマスA勝利以上でボスマスが解禁。

報酬:甲
軽空母「Gambier Bay」
補強増設
夜間作戦航空要員
130mm B-13連装砲
戦闘詳報
勲章

ドロップ
Wマス:磯風
ボスマス:Jervis 藤波 ArkRoyal Richelieu Warspite 大東 あきつ丸

ボス夜戦開始時に友軍艦隊による援護攻撃があります。

ボス:護衛棲水姫

新艦娘『Gambier Bay』の深海化した姿なんだろうけど、敵に回すとクッソ強いのに味方にするとクッソ弱くなるのは悲しいなぁ…

(戻りたく)ないです。

丙掘りの時点で甲攻略にするか乙攻略にするかずっと迷ってい、ました…。

甲に行ってみて、史実艦縛りのキツさ(特に武蔵。私の攻略は大和型の使用を想定していなかった)、甲攻略する意味が自己満足くらいしかない事、そして何より精神衛生のために乙攻略に落ち着きました。

頑張れば甲攻略も可能ですが…相当丁寧なプレイが要求されます。本隊・支援艦隊共に全キラ前提です。それでも道中撤退は何度もあることでしょう。

そこまで頑張って得られる物は『戦闘詳報』のみ。最終海域でもないのに精神を消耗したくない…というのが正直なところです。(数年前のモチベーションならやってたと思います)

ちなみに、今回の攻略は割とガチ目な攻略なので、ボスまでたどり着けばだいぶ余裕を持って倒せる感じであることは先に言っておきます。(道中が余裕とは言ってない)

史実艦隊一覧

・西村艦隊

戦艦:扶桑 山城

重巡:最上

駆逐:時雨 満潮 朝雲 山雲

・栗田艦隊(+鈴木艦隊)

戦艦:大和 武蔵 長門

重巡:愛宕 高雄 摩耶 鳥海 妙高 羽黒

軽巡:能代

駆逐:島風 早霜 沖波 朝霜 長波 藤波

戦艦:金剛 榛名

重巡:鈴谷 熊野 利根 筑摩

軽巡:矢矧

駆逐:浦風 磯風 雪風 浜風 清霜 野分

・小沢艦隊

空母:瑞鶴 (翔鶴)

軽空母:千代田 千歳 瑞鳳

航空戦艦:伊勢 日向

軽巡:多摩 五十鈴 大淀

駆逐:初月 秋月

・志摩艦隊

重巡:那智 足柄 青葉

軽巡:鬼怒 阿武隈

駆逐:曙 潮 霞 初春 不知火 若葉 初霜 浦波

・多号作戦

重巡:青葉

軽巡:鬼怒

駆逐:卯月 潮 霞 島風 初春 涼月 長波 沖波 朝霜

潜水艦:まるゆ

海防艦:占守

連合軍:Iowa

編成(Nマス)

本隊

純正西村艦隊編成。配置も装備も丙掘りと全く同じです。

最上旗艦で連撃装備+司令部施設。

扶桑・山城には連撃装備+水戦。

駆逐4隻のうち1隻に対空カットイン。他は夜戦連撃+α。

遊撃部隊の艦隊司令部を載せてね。普通の司令部施設だと効果がないよ?

支援艦隊

いつもの砲撃支援。

道中支援は必須、というほどではないですが、出した方が絶対いいです。1~2隻撤退したとしても支援さえあればA勝利はそれほど難しくないはず。(S勝利は取れなかったけど)

編成(ボスマス)

第一艦隊

武蔵・長門・金剛・榛名・鈴谷・熊野という編成。

本当なら武蔵ではなく陸奥・Iowaあたりを入れたかったのですが、乙攻略でも史実艦を10隻以上入れないと司令部施設の効果は期待できません。

Qマスでの戦闘終了までに史実艦が8隻いないとPマスへ逸れてしまい、たとえボスまでたどり着いたとしても燃料・弾薬が尽きてしまい、手も足も出ません。(甲は10隻)

これはひどい。

甲だと全て史実艦で構成させないと護衛撤退させる意味がかなり薄れます。ラストで護衛撤退させないのであれば雷巡を採用する意味もあるというものですが…

武蔵を入れないのであれば鳥海あたりが有力候補になりますが…史実艦補正1.25倍を考慮しても火力不足でしょうね。(軽空母・補給艦に当たれば効果はありそう)

司令部施設を使うのであれば甲は全12隻、乙であれば10隻史実艦で固めないと効果が薄いという事です。O・Qマスの軽空母はそれほどに強い。乙でもワンパンしてきます。

軽空母は艦戦・彩雲キャリアになってもらいました。基地航空隊と合わせてボスマスで制空権確保できます。ただしQマスで互角になってしまう事が何度かあったので、安定して優勢を取るためには全スロ艦戦で埋める必要がありそうです。

第二艦隊

摩耶・矢矧・雪風・島風・木曾・北上という編成。

摩耶さまの対空カットインと雷巡2隻の先制雷撃で道中できるだけ安定化させる編成となっております。

ボスマスにさえ行けば、夜戦で北上さんまで出番が回ることはありません。

雪風・島風には照明弾のみ。探照灯を持たせると、普段、夜戦で攻撃してこないボスが攻撃してくるようになるそうなので持たせないようにしましょう。友軍の探照灯はこちらまで攻撃対象になるわけではないのでご安心を。

甲の削りで司令部施設を使う場合、自由枠の雷巡2隻は史実艦に変更する事をオススメします。

候補としては、連撃装備なら鳥海、カットインなら妙高のどちらかと、長波の2隻。

あるいは大和を追加して高速戦艦のどちらかを第二艦隊へ。大和型を高速化して配置するのもアリですね。

…金剛か榛名、2隻持ちだったとしたら、第一・第二艦隊共に編成しても史実艦としてカウントされるんだろうか?

道中支援

いつもの。必須です。ボスマスより重要なので、道中支援は全力で。

決戦支援

いつもの。乙の場合、必須という感じではないものの、手を抜けるほどの相手ではないので出すべき。

ですが、どちらに強い支援を出すべきか?というと、やはり道中を優先すべきだと思います。

基地航空隊

第一航空隊は陸戦1・陸攻3でボスマスへ。制空値削りと陸攻保護のために陸戦は一つ入れておくことをオススメします。

第二航空隊は陸攻4でRマスへ。空母系の敵はいないので全部陸攻でOK。

キラ付けしてても平気で中大破するので、やられる前にやれの精神で。

甲だとRマスへ送る余裕はないかもしれない。

…初めて甲種勲章を取ってから今までずっとALL甲クリアにこだわってプレイしてきたけど、報酬が大した事ない場合は無理せず乙に落とすのも悪くないなぁと感じた次第です。

とにかく精神的な負担がかなり軽くなりました。キラ付けなどをすれば目に見えて回避するようになるし、努力がちゃんと形に現れる難易度だなぁと。

甲種勲章はきっちり取りますが、これからは努力に対して実入りが期待できない場合は無理せず乙に落とそうかと思います。

もちろん理不尽な難易度でなければ実入りにかかわらず甲で攻略する次第です。

乙は比較的楽でよかった…が、なんだかモヤモヤするなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク