E-6丙】Luigi掘り編成例【17夏イベ:西方再打通!欧州救援作戦】

輸送ゲージがとんでもなく長いE-6でLuigiを丙掘りしますよー。

甲でゲージを削りつつ掘れそうな気もしますが、もし出なかった場合はちょっと面倒な事になりますからね。

第二特務艦隊の札が付きます。

輸送護衛部隊でD→F
水上・機動部隊で第一艦隊に駆逐艦2、(戦艦+正規空母)2以下でD→F
水上・機動部隊で第一艦隊に駆逐艦2、戦艦1以下、軽空母2以下でD→F

輸送ゲージが残っている状態であれば、輸送護衛部隊以外でもHマス掘りができるんですが、戦力ゲージに移行してしまうと輸送護衛部隊以外では新しく出てきたマップからのスタートになってしまい、輸送護衛部隊でした掘りができなくなってしまいます。

水上打撃部隊は輸送護衛部隊よりも命中率が高く設定されているらしく、さらに輸送護衛では重い編成が組みにくい・第二艦隊から攻撃が始まるなどのデメリットが多いので、攻略中に出そうとした場合、出なかったときに非常に掘りにくくなってしまいます。

丙掘りならそれほど消費も多くなく掘れるので確実に欲しいなら丙掘りをオススメします。

…せっかく輸送護衛部隊用に大鷹取っといたんだけどなぁ。

編成

第一艦隊

戦艦1・軽空母2・重巡1・駆逐2という編成。甲攻略も意識して高速統一編成にしてあります。

重巡に司令部施設を装備させて旗艦に配置し、道中撤退にそなえてあります。第一艦隊の重巡は雷撃しないのでイタリア重巡が火力が高くてオススメです。残ってればの話ですけど。

軽空母の制空値は甲で優勢ラインの213オーバーを意識してあります。画像の装備でだいたい260くらい。丙掘りならもっと少なくてもいけるはず。基地航空隊も飛ばせばもっと少なくて済むはずです。

駆逐には秋月型と大発が載る駆逐を採用。装備は道中のPT対策で主砲2・機銃としました。

第二艦隊

航巡2・雷巡1・軽巡1・駆逐2と言う編成。第二艦隊は特に縛りがないので軽巡1・駆逐2以上の編成であれば何でも構いません。

正直、あまり第二艦隊にまで出番が回ってこないので装備は昼戦・夜戦連撃が出来る装備なら何でも、といった感じ。こちらもPT対策で出来るだけ機銃を装備させるようにしています。

島風はカットインにする必要もないですね。

丙だったので昼戦でも撃破できちゃうくらいのヌルゲーだったんですが、ボスが陸上型なので航巡には三式弾装備させた方がいいです。

支援艦隊

道中・決戦共に使いませんでした。恐らく基地航空隊があれば必要ないでしょう。

基地航空隊

今までの編成と同じものを使用しました。甲だとこのままでは劣勢ラインにも届かないのですが、丙掘りなら今までのを使いまわしても問題ありません。

2周で出てきちゃったよ。今までの掘り最短タイ記録でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク