【Extra Operation】サーモン海域北方 攻略編成例

以前は最難関マップと言われていた5-5ですが、艦載機熟練度が実装されてから難易度はだいぶ落ち着いたと思います。それでもまだまだ難しいマップであることは変わりありません。練度を上げてクリアを目指しましょう。自然回復教にとっては資材消化のネタにもなる事でしょう。

Aマスの戦艦レ級に頻繁に中大破させられる場合はLvが足りていません。大人しくレベルを上げてからまた来ましょう。

5-5
クリア条件:ボス旗艦5回撃破

報酬:勲章1・戦果200

各ルート

1.高速統一ルート(ADEN)
2.軽空母ルート(ADEN)
3.潜水艦ルート(AFGN)
支援艦隊について

1.高速統一ルート(ADEN)

速力:高速の艦娘のみで編成されたルート。基本的に戦艦と空母のみで編成されたルートです。たまにE→Lに逸れてしまうのが難点。
3ルート試した結果、私はこのルートが一番攻略しやすかったです。

20160722_204446

世の中には戦艦1空母5という編成もあるようですが、夜戦で倒しきれなかった事が多かったので戦艦2空母4で毎月攻略しています。艦娘もほぼ固定です。

低速戦艦は使えないので注意。1隻は夜戦火力のあるビスマルクで確定として、もう1隻は出来るだけ火力が高い戦艦を積んだ方が突破率が上がります。アイオワがいるなら使ってもいいかもしれませんが、それ相応に消費するので覚悟はしてください。まぁ自然回復教としては、イベント中でもない限りあまり気にする事もないかもしれませんが。
イベント限定の戦艦がいない場合は、金剛型で一番火力が高い霧島がオススメ。と言っても5-5クリア目指す人がイベント限定艦持ってないっていう状況は殆どないでしょうけど。

空母は最小スロに彩雲を積み、機数の多いスロに艦攻を積み、艦戦を制空力377を超えるように積んで下さい。400あれば安心レベルでしょうか。
空母の種類ですが、高Lvの装甲空母がいるなら優先して入れてください。中破でも砲撃戦に参加できて、随伴艦を減らす機会があるのは大きなアドバンテージです。

2.軽空母ルート(ADEN)

軽空母を1隻入れれば低速艦がいても高速統一ルートと同じルートを進みます。当然E→Lに逸れる可能性はあります。私は高速統一ルート愛好者なので、この編成は使用してません。

20160904_212856

このルートの最大のメリットが大和型・長門型を連れていける事。デメリットは軽空母が大破撤退要員にやりやすい事。わかりやすいですね。

各提督の考え次第で軽空母の装備と配置が変わります。画像では軽空母を旗艦にして艦戦と彩雲だけを装備させています。空母は艦攻・艦爆を積まないと攻撃できないのですが、その際は攻撃不参加艦となるため攻撃順選定から外れます。そのため、二巡目からの攻撃は二番艦から始まります。こうする事で軽空母を守りつつ、二巡目の攻撃を火力の高い二番艦から始められます。

デメリットですが、攻撃が一手減る事と、夜戦に突入したときに必ず敵から攻撃が始まってしまう事が挙げられます。まぁボスマスの旗艦は空母なのでカスダメしか出ませんが、そのカスダメで中破やら大破やらになる可能性は否定できません。

軽空母を攻撃に参加させるのであれば旗艦には置かない方がいいでしょう。Eマスの二巡目で軽空母から攻撃が始まるのはよろしくない。二巡目にはレ級eliteを出来れば仕留めたいし、できなくても中大破にしておきたい。その為にはどうしても二巡目初手は戦艦でなくてはなりません。

3.潜水艦ルート(AFGN)

潜水艦を3隻入れるとAFGNと進行します。G→Hに逸れることはなく完全に固定できます。ただし、道中支援は必須です。支援出すのが面倒な私は使ってません。

20160904_224857

空母に艦戦3艦攻1で道中優勢が取れます…が、全部烈風だとAマスでちょっと足りません。二つほど烈風以上の艦戦が必要になります。足らない場合は伊401に水戦を装備させれば足りますが…ただでさえ砲撃戦に参加できる艦が少ないのに、開幕雷撃の威力も削ってしまうのは悪手だと思います。そこまでするくらいならもう別ルート選んだ方がいいでしょうね。

このルートの撤退原因の殆どは潜水艦です。道中支援がないと対潜装備持ちの駆逐・軽巡に攻撃されてしまいます。

空母を旗艦にしている理由は、水上艦が3隻しかいない為、装甲に不安のある空母が狙われると困る事・随伴艦に大和型を採用しているので庇った時の被ダメ軽減がかなり期待できる事・軽空母と違って正規(装甲)空母の砲撃戦は十分火力がある為、二巡目空母初手でも問題ない事です。

私のオススメは高速統一ルートですが、各提督の練度によっていろいろ変わると思うので、いろいろ試してみて自分にあったルートを見つけて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク