【単発】鎮守府近海航路の安全確保を強化せよ!攻略編成例

単発任務の『鎮守府近海航路の安全確保を強化せよ!』の編成例を紹介。

1-6

達成条件:軽巡or練巡(旗艦)・駆逐4の編成で1-6ゴール到達
出現条件:新編艦隊、南西諸島防衛線へ急行せよ!達成後
報酬:弾薬900・鋼材900・ボーキ900・開発資材4・特注家具職人1
軽巡1駆逐5でG→F固定

練習巡洋艦を使用できますが、軽巡1駆逐5の編成以外だと上ルートへ行ってしまう可能性が出てくるため、使うメリットは全くありません。なんだ、いつもの1-6編成ジャマイカ。

やる人はそういないとは思いますが、捨て艦等でゴール到達までに駆逐が4隻未満になっていると任務達成にならないそうです。ブラック提督は注意。

編成

20161007_001641

軽巡を旗艦にし、他は駆逐で編成する事以外に注意する事はありません。回避目的で駆逐には缶を装備させていますが、なければ一戦目の潜水艦用にソナーを装備させてもいいと思います。特になくても苦戦する事はないとは思いますが。

軽巡枠は3戦目での被弾を減らすために阿武隈改二を採用していますが、次点でのオススメは五十鈴改二。装備を高角砲+機銃もしくは高角砲+機銃+対空電探とする事で五十鈴改二専用の対空カットインが出せ、一戦目でも無条件で先制対潜ができます。秋月型がいない提督には特にオススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク